女性特有の口臭

女性特有の口臭

統計では男女の間に口臭の有る無しに関しては差異はありません。しかし、女性は生理中や妊娠中の体調変化により口臭が出やすくなる傾向があります。

生理中に口臭が強くなるのは、ホルモンバランスの変化で唾液が分泌減少し、歯周病菌が増加するためです。また、イライラしたり、ストレスが貯まることも影響している可能性があります。
一方、妊娠中の口臭は、妊娠がストレスになって唾液の分泌が減るうえに、つわりで腔内清掃に気が回らなくなり、口臭が強くなってしまいます。また、妊娠中のホルモンの状態は歯周病菌を増やす方向に働くため、歯周病になりやすいのも理由の一つです。
出産すればホルモンは通常状態に戻りますが、その間に歯周病になってしまっては、それは出産しただけではもとに戻りません。なので妊娠中は特に歯周病に気をつけて腔内清掃を十分に行いましょう。
また、男性もそのあたりの事情を理解して、温かい目で見守りましょう。