他人の口臭をどう指摘するか?

他人の口臭をどう指摘するか?

口臭は人間関係において非常にデリケートな部分にかかわってくるので、口臭が強い人に対してもなかなか指摘できないということは皆さんも感じていることでしょう。しかし、そのまま指摘しないでおけば、その人はこれからますます他人から遠ざけられる不幸な事になります。指摘してあげるのが真の優しさだと思います。

そこで、相手を傷つけず、口臭を指摘する方法をネット上で調べてみました。

 

 

・ガムをあげる…定番と行っていい方法ですが、この方法で相手に「自分って口臭いの?」と思わせることが出来れば成功です。気がつかない人なら「ガムありがとう」と感謝されて終わりです。

 

・口臭予防のガムやアメをその人の前で食べて、どう?って渡す…単にガムをあげるより、もう少し踏み込んでみれば相手も気づいてくれるかもしれません。

 

 

・自分も以前は…「私も以前は口臭でなやんでいたんだけど、あなたもちょっと臭うわよ。」と自分を引き合いに出して、相手に伝える方法です。自分を相手の位置まで落としてから伝えるので、与えるダメージは低くなるでしょう。しかし、自分も少し恥ずかしいでしょうが。

 

・「胃の具合でも悪い の?口臭するよ」他人に聞かれないよう心配そうに、今始めて気がついた!という感じで指摘する。…実際に内臓の具合がどうだろうが関係なく相手に口臭を気づかせるのが目的です。

 

 

・自分「ねえ、ちょっと変なにおいがするのだけど、私、息くさい??」相手「いや、べつに。私がくさいのかなあ」…これも自分を相手の位置まで落として、プライドを傷つけないように伝える方法です。しかし、無神経な人だと「あんたが臭いのよ」で自分だけ恥をかく事態も予想されます。

 

 

・「昨日にんにく料理食べた?」とか「アルコール飲んだ?」など本人が自分の息を気にする話題を振る…とにかく、口臭を指摘するには自ら気づいてもらう作戦がもっとも角が立たない方法だと世間の人々も思っているようです。

 

 

・一緒に話している時に、臭い、という表情をして自分の鼻をこすってみる。
あまり露骨にやると相手は気づくでしょうが、傷つくかもしれません。バランスが難しいです。

 

・明らかに今までより少し離れて会話する。
これも有効だと思いますが、あまり極端にするとはっきり指摘するのと変わらないぐらいのダメージを与えてしまいそうです。

 

 

・家族や上司から注意してもらう…デリケートな話題でも家族なら伝えることができるかもしれません。また、接客業などでは口臭の有無も仕事と大きく関わってくるので、上司としては指摘する義務があります?そういうわけで、自分から言えなくても、言いやすい人に頼んで言ってもらうという手は有効であると思います。